御供所界隈
住吉界隈
川端界隈

博多駅から徒歩10分で、風情あふれる御供所エリアに到着。
由緒ある寺社が並ぶ寺町を、博多の歴史や文化を感じながらゆっくりと散策しましょう。
自然が織りなす豊かな緑に囲まれ、凛とした空気が迎えてくれます。
着物も映える美しき和の町です。

1

博多千年門
Hakata-sennen-no-mon Gate

寺社町エリアへと誘う博多のウェルカムゲート。博多から大宰府政庁へ延びる官道にあったとされる「辻堂口門(つじのどうぐちもん)」にならった格式高い四脚門様式で、門扉の板材には太宰府天満宮より寄贈された樹齢千年の千年樟(せんねんぐす)が用いられています。

□所 博多区博多駅前1-7【Google MAP】

門の表に掲げられた扁額「博多千年」の揮毫(きごう)は太宰府天満宮宮司・西高辻信良氏によるもの。

見返りの扁額には「萬年正續(まんねんしょうぞく)」の揮毫(きごう)。径山萬壽寺(きんざんまんじゅじ)の現住職、戒興(かいこう)氏によるもの。

風情豊かな 承天寺通り

博多千年門をくぐった先には、寺社町の清らかな雰囲気と融合する風情豊かな承天寺通り。京都を拠点に活躍する庭師・北山安夫氏の監修で、四季折々の草木に囲まれ、車道を小川に、歩道をその川岸の遊歩道に見立てた造りになっています。

2

承天寺
Jotenji Temple

1242年、臨済宗の僧・聖一国師 弁円(しょういちこくし べんえん)により開山、宋出身の貿易商・謝国明(しゃこくめい)が創建。美しく整えられた本殿の石庭はイベント時などに開放されます。

□所 博多区博多駅前1-29-9【Google MAP】
092-431-3570
□拝 8:30〜16:30

イベント時に、石庭がライトアップされることも。

あれもこれも!発祥の地 承天寺

うどん・そば・饅頭などの製法が伝えられた場所と伝えられ、「饂飩蕎麦発祥之地」「御饅頭所」の碑が建てられています。また、山門には博多1園山笠の始まりとされる石碑も。聖一国師が疫病退散を祈祷しながら、町中を巡ったことが、一説では由来とされています。

3

東長寺
Tochoji Temple

806年に唐から帰国した弘法大師(空海)が日本で最初に開いた寺。福岡藩主・黒田家の菩提寺でもあります。日本最大級の木造座像「福岡大仏」や、純木造総檜造りの五重塔、市文化財の六角堂など見どころ満載。

□所 博多区御供所町2-4【Google MAP】
092-291-4459
□拝 9:00〜16:45
※大仏参拝の際には線香・ローソク(50円)を購入して参拝

大仏殿の2階には日本最大級の木造座像「福岡大仏」。台座内では地獄・極楽めぐりが体験できます。さらに真っ暗な通路を進めば、触れると極楽に行けるという「仏の輪」が。

4

ながさわ結納店
Nagasawa Yuinouten

ねじりの強さ、立体的な美しさ、博多らしい粋が特徴の「博多水引」を身近なアイテムで取り入れられます。スーツに彩りを添えるブートニエール、壁に飾る水引飾り、ストラップが人気。

□所 博多区上呉服町13-231【Google MAP】
092-271-0813
□営 10:00〜18:00(日祝日は〜17:00)
□休 月曜

伝統技術に新たなアイデア・デザインを取り入れています。

5

珈琲と麦酒
Coffee & Beer

古民家が立ち並ぶ通りでカフェを発見。 町家の雰囲気をいかした趣のある店内で、美味しいコーヒーと沖縄から取り寄せるクラフトビールが楽しめます。夜は不定期でバー営業も。

□所 博多区上呉服町5-175【Google MAP】
090-1191-9758
□営 月曜11:30〜21:00、火・水・金曜〜18:00、土・日曜12:00〜17:00
□休 木曜

1階のカウンターでコーヒーやビールを。地元のお客がふらりとやって来ることも多い。